Vape(ベイプ)とは、現在社会的に認知されている
(と言ってもまだまだ一部)言葉でいえば

電子タバコ

ということになりますが、
商品名 ブルームテック や グロー 等
タバコの葉を電気的に加熱して吸うニコチンありのそれらと違い
ニコチンゼロ、タールゼロのジャンルになります。
ニコチンゼロ、タールゼロなのにタバコという名称が付いているのは
正直気持ちのいいもんではありません。

ぼくがこれらを知ったのは「さんまのまんま」というテレビ番組で
古館一郎さんがさんまさんに贈ったビタボンという商品に興味を持ったからです。
禁煙グッズ、もしくは減煙グッズとして紹介されていたように思います。
使い捨てで、世間に出たてなので高いイメージがありました。
生産国もあまり信用がおける国ではありませんでした。

あれから短期間で似たような商品が続々出てきました。
いろんな国で生産されているようですが、起源は中国だそうです。
使い捨ては割高、凝った商品は難しすぎる
ということで、フレーバー交換式のスターターキットを買って試してみることにしました。

相変わらず電子タバコのジャンルで売られているのですが
ニコチンゼロ、タールゼロ
タバコと形態は似ていますがタバコではありません。
電気的に加熱したフレーバーを吸って、口から吐き出すのは水蒸気です。
タバコのおもちゃ(大人のおもちゃ)と思えばそうなんでしょう。

ぼくが買ったのは
DMM.com の Flevo スターターキットです。
最初についていたフレーバーは
一つがタバコ味。
これがムッチャまずい。タバコ吸ったことないんですから、まずいはずです。
下水を拭いた雑巾を絞った煮汁を吸い込んだらこんな感じ?ってぐらいまずかったです。
これはしばらく吸ってもまずいままだったので、
どんな構造になっているのか、分解して、構造がわかったので捨てました。
(写真撮っておけばよかったです)

もう一つはメンソール味。
これが薄い。連続に吸って口の中がスーッとする程度でした。

お試しに買ったので、こういうものだとわかればそれでいいと思っていましたが
いろいろ調べてみると、肺まで吸い込むと蒸気が薄くなり、味も薄いらしいです。
ぼくは肺まで吸っていました。
口の中で吹かすと味が濃くなるということがわかりましたので
何度か吹かした後に口吸いですぐに吐いてみますと
なるほど、肺まで吸い込むよりは味が濃くなりました。

しかしそれも程度問題で、それほど濃いというわけではありませんでした。
そこで、いろいろ調べてみるうちに、吸い口のパーツを取り外して
中に好きなフレーバーを注入して楽しんでいる人を見つけ、真似をしてみることに
しました。アマゾンで調べてみると、電子タバコ用のフレーバー
(リキッドともジュースともe-ジュースともいう)
は各種たくさん売られていました。迷うほど。

最初に買って、ひょっとしたら最初で最後になるかも
どういうものか好奇心で買うだけなので
失敗はしたくないと思い、でもちょっとだけ珍しい味を試してみようと
いろんなリキッドのレビューを参考にして

最初に買ったのは
BISO の Sakura Tea うらら でした。
蓋がスポイトになっているのですが、もともとちゃんとした電子タバコ用の商品なので
Flevo のカートリッジに注入するにはスポイトの口が大きすぎました。

そこで、稚魚に給餌するために使う針付きシリンジで
リキッドを吸い込んでは Flevo カートリッジ内のコットンに吸い込ませるという手段を取りました。

そう。Flevo のカートリッジの中にはコットンが入っています。
このコットンにリキッドを染み込ませ、吸うためのチューブの途中に穴が空いていて
プラスチック繊維が差し込んであるのですがコットンから繊維に毛細管現象で
リキッドを渡らせ、微細な針金?状のものにバッテリーからの熱を伝わらせて
気化させ、それを吸う仕組みです。加熱しすぎないように微細な抵抗を付けてありましたが
もともと微細なパーツ故、連続で吸うと機能せずに熱い蒸気が入ってきますし
吸い口が熱くもなります。

そんなこんなで、評価の高いリキッドでしたので期待に胸膨らませて
Flevo で吸ってみたのですが、なんの味もしませんでした。
開封した時に漂った甘い香りも全くせず、本当にがっかりしました。
本来の吸い方ではないとはいえ、桜の香りもせず、お茶の香りもせず
なんの香りもしないのに、吸い続けるとコットンが焦げた香りだけします。

おそらくですが、BISO Sakura Tea は粘性が高いため
コットンに染み込みにくく、Flevo の構造では味が出ないのでしょう。

そこで次に
電子タバコ 交換用クリアアトマイザー Flevo互換製品
を買ってみました。コットンに染み込ませるタイプではなく
リキッドをじかに入れるタイプです。
これで吸ってみましたが、味はカートリッジタイプと同じ。
ただ、コットンの雑味がないのでクリアでスッキリした中に
やや、かすかにですが茶葉の香りがしました。

タバコの形をしていますが、タバコではありません。
フレーバーを加熱して水蒸気を吸って水蒸気を吐くだけの
おもちゃみたいなものなんです。

Flevo のスターターキットが 1,058円
BISO Sakura Tea リキッドが 2,332円
(安いリキッドはたくさんあるのですが、日本製で失敗したくないと思って評価の高いものを選び、
こけました)
交換用クリアアトマイザーが 1,280円
で、合計が 4,670円ですか。。
禁煙や減煙のために買う人のレビューでは
1ヶ月に使うお金がタバコより減るという意見が多かったですが
もともとタバコを吸わない人が好奇心で買って初期投資1000円で済んだところ
味が全くしないので色々試すために新しいリキッドに新しいアトマイザー
買ったら5,000円弱ってシャレになりません。

これなら、ビタボン1本買って「こんなもんか」と思って捨てておけば
安く済んだのに。。
中島義道「「思いやり」という暴力」PHP文庫

面白かった。
ぼくが常日頃漠然と感じている違和感をはっきり文章に書いてくれたような内容だった。
哲学には興味がなかったが、この人には興味を覚えた。
また別の著書を読んでみようかな。

ぼくも対話を求めていたはずだ。
しかし、いろいろな圧力により圧殺されて現在心が死んでいる状況だ。
日本的イジメにも言及されていて、必読。

ソクラテスにも興味が湧いて来た。
木村秋則「奇跡を起こす 見えないものを見る力」扶桑社

一時期、木村氏の奇跡のリンゴが話題になったことがあったが
あんまり興味がないのでスルーしていた。
農薬を使わずに自然農法で作られたリンゴ、その苦労話
ぐらいにしか認識していなかったから。

ところが、最近 SHIN GEN 氏の動画で木村氏の体験が紹介されていて
どうやらぼくが考えていた内容とは違うってことを教えられたので
買ってみた。(プッシュが終わったせいか、本屋では見つからなかった)

龍に会ったとか
UFO に乗せられたとか
ソクラテスに似た老人に地球のカレンダーを見せられたとか

トンデモ内容がいくつか。
もちろん、無農薬リンゴ、その成功への道筋もあり
奇跡のリンゴ
というフレーズに関してはぼくはちょっと勘違いしていた。
無農薬で実った、苦労した末にできた奇跡のリンゴ
という意味かと思っていたが

半分に割っても何日も芳香を漂わせ続ける奇跡のリンゴ
だそうだ。

ほんとかね。

木村氏の本は他にも買ったのだが
この一冊を読んだ後では読む気が失せた。

どうも、なんだかな〜。



割ったわけではないが、我が家の冷蔵庫にもありえないリンゴがある。
去年の誕生日(2月)にたまったポイントで送ってもらったリンゴだが
表面がシワシワになってきたのはつい最近。
ずーっと表面がツルツルで、腐らないのである。

この一個残して一箱食べたんだけど
なぜ一個だけ残しているかというと
美味しくなかったから。
香りもなく、触ると表面がツルツルピカピカで
どうみてもワックスが塗ってある。
皮をむく掌がピカピカになるぐらいワックスが移る。
ヌルヌルのワックスがひょっとしたら皮を食べたときに一緒に食べてしまう
可能性もあるわけで、このワックスは食べられるワックスなのか?
ってこと。

塗ってあるどころか、ワックスで厚化粧してあるので
酸素が届かず要するにリンゴの蝋漬けである。

腐らないリンゴ
これはもちろん、木村氏の奇跡のリンゴとは異なる
体に悪い方のありえないリンゴだが
腐らないものをポイントの品にするサイトもどうよ?
田村耕太郎「頭に来てもアホとは戦うな!」朝日新聞出版

うん。言いたいことは分かる。
奇跡のようなこの人生を、アホと戦うことで浪費するなってこと。
ぼくも常々似たようなことを考えているから。
ぼくはいつも

限りある命の炎を削ってまで他人にいちゃもんをつけたい人は放っておく

って考えている。それでも、淡々と我が道を行くぼくを
どうしても邪魔したい人は出てくる。それがわからない。
そういう人は強くて体力に自信があって、押し出しが強くて
目力があって、(根拠のない)自信にあふれているか

そういう強い人にひっついて
何をやらせてもそこそこ上手くやるぼくの足を引っ張っては
それが嬉しい腰巾着タイプの人たち

暇なのか?

そういう人たちは自分の命が永遠に続くって信じているのだろうか。

でも、著者の言うように相手に花を持たせて
弱ったふりをして、プライドを捨てて、表面上だけペコペコして

と言うのは

死んでも嫌だ。

なので、売られた喧嘩は必ず買う。

本当に時間の無駄なので、喧嘩を売らないで欲しい。

大愚和尚の教えを聞いてからは
同じ土俵で戦うことを避けようとは思うが
そもそもぼくは戦いとか、競争とか、お山の大将は誰だとか

全く興味がないので

どちらかといえば、ぼくは一人で淡々と自分のスキルを磨く
職人タイプと思っているので

ぼくが目障りと思う人は自分のスキルを磨いて、努力して
ぼくの上へ行けばいいので

努力もせず、勉強もせず、学びもせず
ぼくの足を引っ張ってそれが嬉しいとか

もう、放っておいて欲しい。

まぁ、面白かったけど。
本屋で、店員さんが(ほかにも買ったのに)これだけ指差して
「カバーつけましょうか?」
と言ったので断った。

アホの前で読むわけがない。
エキサイトブログを削除しました。
こちら一本で続けます。