阿部智里「黄金の烏」文春文庫

すごく、面白かった。
また新しい登場人物が出てきて、新しい展開が始まる。
というか、この巻で語られる異人とのおぞましい邂逅が
この物語の主題らしい。

序章で思い込まされる内容を本文でひっくり返す
という手法は3巻とも同じなのに、また見事に騙されていた。
4巻5巻が待ち遠しい。
文庫化を待てないかもしれない。
明日単行本を探してきそうな勢いである。
阿部智里「烏は主を選ばない」文春文庫

八咫烏シリーズ第2巻である。
非常に面白かった。
濃い内容で今回の主人公は1巻とは違う。
1巻で若宮がなぜ桜花殿に来なかったか
その理由が語られる。
だが、内容の濃さからぼくはひょっとして
著者は2巻を先に書いて、その前振りとして1巻を後で書いたのではないかと
思うほど。

1巻と同じく、先を予測させない面白さ。
これは5巻まで勢いで読むしかない。
阿部智里「烏に単は似合わない」文春文庫

ものすごく、面白かった。
このどんでん返しはすごい。
王朝絵巻とファンタジーを融合させているんだから、
こういうストーリーでこういう結末だろう
という読者の読みを痛快にひっくり返している。

本屋で3巻まで出ている1巻だったので、買ったのだが
どうやら5巻まで出る予定だそうだ。
壮大な物語に手を出した感が強い。
和久田正明「はぐれ十左御用帳」徳間書店 電子書籍版

なかなか、面白かった。
電子書籍版のダメなところは、ぼくは本を買うと読書カード
というのを毎回作っていて、何年何月何日から読み始めて何年何月何日に読み終わった
と読書期間の日付を書いているのだが、電子書籍だとそういう記録を取れない。
別個読書カードを作るということもしないので、いつから読み始めたっけ
いつ読み終わったっけ?ということがぼくにとってはストレスになる。

さて、内容だが、この本の後一冊読んだのであまり覚えていないが
伝法な隠密同心が新たな同僚と理解ある相棒、後押ししてくれる新しい上司と出会えた上に
魅力的な女剣士と知り合えて事件を解決するという割と単純な内容である。
これが面白いので、複雑な世界観とか作らなくても十分だという証明みたいな本だ。

以前読んだ、「まろほし銀次捕物帳」が全く面白くなかったことを考え合わせると
小説って、いったい何だろうと思ったり思わなかったり。
かたやま和華「猫の手屋繁盛記 大あくびして猫の恋」集英社文庫

なかなか、面白かった。
酔いつぶれてうっかり猫又の上に尻餅をついてしまったがために
巨大な白猫にされてしまった近山宗太郎。
本作では、どうやら近山というのは世をしのぶ仮の名前らしいということがわかる。
宗太郎の父が初めて出てくるのだが、昔ヤンチャをしていただの
肩から背中に桜の彫り物があるだの、ということで、
近山というのは、はは〜ん、「遠山」のことか
つまり、父はかの遠山の金さん的な人で
猫になったのは金さんの息子か
と、ありえない設定の出現にやや唖然とした。